このように、FX会社によって異なる注文方式を採用しており、その違いにより取引自体の信頼性と安全性が異なるのだ。スプレッドが安いから良い口座とは限らないことがよくわかるだろう。FX口座を選ぶ際には、その口座の注文方式が NDD方式なのかDD 方式なのかをよく確認しながらスプレッドが安いのか高いのかを判断する必要があるのだ。

ここまでDD方式とNDD方式の違いと、それぞれがお客にとって如何なるものかを話してきたが、もうお分かりになるだろう、諸君ならどちらの口座を開設するのだろうか?

表向きは魅力的に映るものでも、実は安物買いの銭失いにはなりたくないはずだ。

普通に考えれば、NDD方式を採用する海外FX会社との取引が望ましく賢明であることは火を見るより確かだ。

せっかくFX取引を目指すのであれば、取引手数料無料と極めて安いスプレッドという甘い言葉だけで判断せず、しっかり選んで頂きたいので、口座比較がしっかりしている「海外FX口座比較まとめ」というサイトでぜひ色々参考にしていただきたい。

今すぐレバレッジが最大な海外FX口座を開設!!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 資産運用勉強記録. All Rights Reserved